2019/10/31 「魔女盤のアルカ」ver1.1 公開 NEW!
<ラハと魔法>シリーズの世界観を共有した
謎解き系RPG「魔女盤のアルカ」ver1.1 ダウンロード版を公開。
Windows版/Mac版フリーゲームです。
★当サイトからのダウンロードが必ず最新版となります。

2019/08/16 キャラクター制作手記をキャラクターページ下部に掲載 NEW!

2019/08/14 ラストまでの攻略チャート、およびネタバレ解説を最下部に掲載 NEW!


舞台は魔法界。
謎めいた屋敷の一室で目を覚ました魔法使いの少年アルカは、
何者かに魔法力を制限されており、
ただ灯りを点すだけの簡単な魔法すらも使えなくなっていた。

同じ境遇に陥っていた親友ユールと共に、
屋敷からの脱出を試みようとするも、その先には恐るべき試練が待ち受けており――。

やがて広間に集められた八人の優秀な魔法士達。
そして彼らの前に姿を現した謎の魔女「魔女盤」。
果たして彼女の正体は何者か? そしてその目的は?

過去作「ラハと魔法の園」「ラハと理の魔法生」「ラハと百年魔法石」から成る魔法シリーズ三部作と
世界観を共有する、謎解き系RPGの異色作。

※シリーズ未プレイの方でも問題なくプレイいただけます。
※本作品の後半にホラー表現を含みます。苦手な方はご注意ください。

製作・脚本:kotonoha*

総プレイ時間 / 3~4時間程度
製作ツール / RPGツクールMV for Mac
公開媒体 / ダウンロード版(Windows/Mac)
※仕様上、ブラウザ上での公開予定はありません。



大変ご無沙汰致しております。はじめましての方は、はじめまして。
フリーゲームサークルkotonoha*の、蒼木ことりと申します。
あるいは、サークル蒼木ことりのkotonoha*とも申せるかも知れません。

実は「ラハと魔法」シリーズをとても愛してくださる大切な友達が私にはおりまして、
シリーズに限らずすべての拙作を隅から隅までプレイしてくださったその方に、
感謝の御礼として、何かプレゼントしようという事を思いつきました。
するとその方。
既にRPG制作からは手を引いていて、
Macの片隅に眠るツクールのアップデートすらしていなかった私に、
「あれの続編がプレイしたいです。それ以外無いです」とバッサリ。

あれというのは「ラハと理の魔法生~the 2ndstory~」との事でした。

私の作品に詳しい方は気付いておられると思うのですが、
実はあれが一番顧客満足度の高い作品なんです・・(当社比)。
ものすごくテンションの乗っていた時期に奇跡的に出来た作品ですし、
「続編」である以上は、それを超える作品を作らなければいけない。
RPG作りから離れていた浦島太郎の様な私に、
正直あれを超える作品作りは難しかろう、と・・。

ともあれ、軽い気持ちでプレゼントに何が欲しいですかとお聞きした事の
責任はとらなきゃ、、という事で、紆余曲折の日々がはじまりました。

とにかく大変でした。
そもそも三歳になる娘はまだまだ甘えたい年頃ですし、
仕事も日常生活も忙しいというのに、
RPG・・一時間の短編でも、ゆうに一ヶ月二ヶ月余裕でかかります。
とにかく大変でした(再)。

構想は沢山あったんです。ツイッターをチェックしていた方なら分かると思いますが、
召喚獣やらスキル選択やら色んな新しい事が出来るぞと呟いていましたよね。
でもそれら全部を形にすると、私の旅は永遠に終わらない・・・・・!!!!

エターナらない様にするコツは、私の中では一気に作り上げてしまう事です。
そう、短期集中型。
ということで、とにかく時間のかかりそうな機能は全部カットし、
シナリオに一点集中、全力を注ぎました。
機能を作ってからそれにシナリオをあてはめるのでは無くて、
シナリオを全部描いてしまってから、機能を足したスタイルです。
これが思いの他・・・・
大変でした(結局)。

長くなりましたが、今作はそんなお友達へのプレゼント。
当サイト限定公開となります。
例外として、「紅く追憶~」を推してくださった
フリーゲーム夢現さんにのみ、アップしたいと思います。
ただそのサイトはお友達がよく利用されているサイトという事なので、
目に触れる事を避けるため、レビュー機能は非表示とさせていただきます。
上記の労力以上に、その方への愛と感謝の気持ちが
物凄くこもっております作品なので、
酷評がありますと、私はともかく、お友達が気を悪くしそうで。
(という言い訳)

あ、個人サイトやブログ、SNS等での感想・レビュー・宣伝はどんどん頂けると嬉しいです。
実況や配信などもドーンとやっちゃってください!

最後になりましたが、
いつも拙作をプレイしてくださり、本当にありがとうございました。

kotonoha*