WitchX Series

魔女盤のアルカ 魔女塔のシュリィ ジャベリアの魔女禁書

2022/02/20 フリーゲーム「ジャベリアの魔女禁書」ver2.0アップデート公開
クリア後「断章2」の追加、および酒場マスターの顔グラ追加を行いました。

2022/01/11 FAQ(よくある質問)ページ公開
スキル一覧や魔物レポート、冒険スタンプ、ストーリーネタバレFAQなども公開。

2022/01/10 フリーゲーム「ジャベリアの魔女禁書」ブラウザ版公開
ブラウザ版の動作が確認できましたので、フリーゲーム夢現様サイト上にて公開いたしました。
また、Windows 32bit版も公開中です。ダウンロードページをご覧ください。


魔法王国ベグドリオ近郊の平和な村がある日、炎に包まれて滅びた。
唯一の生き残りである村の少年アイヴィは、
"業火の魔女ジャベリア"と名乗る何者かの声を聞く。

それから二十年の歳月が流れ。
ベグドリオ城下町で古道具店を営みながら魔女の手がかりを探し続けていたアイヴィは、
異世界の魔女を呼び出せる『魔女禁書』の存在を知る――。

スピカの大災と、魔女の本。
その二つの謎が交錯した先に待ち受ける驚愕の真実とは?

「ラハと魔法の園」から始まる魔法シリーズ三部作と
魔女Xシリーズ「魔女盤のアルカ」「魔女塔のシュリィ」と世界観を共有。
シリーズラストを飾る、魔法オンリーRPGの完結編。

※シリーズ未プレイの方でも問題なくプレイいただけますが、
一部のシーンで過去作「魔女盤のアルカ」の重大なネタバレを含みます。ご注意ください。

製作・脚本:kotonoha*
タイトル&キャラクターイラスト:郁太

総プレイ時間 / ノーマル8~10時間程度
製作ツール / RPGツクールMZ for Mac
公開媒体 / ダウンロード版(Windows/Mac)、ブラウザ版

【ジャベリアの魔女禁書 PV】


いつもサークルkotonoha*の作品を遊んでくださり、本当にありがとうございます。
本作品は、コロナ禍の影響でお仕事が激減し、
自宅で退屈を過ごしていたあの2020年、
「魔女塔のシュリィ」と同時期にシナリオのみを描いていた作品であり、
魔女Xシリーズ完結編となります。

魔女塔がバトル中心でストーリーが薄味だった事もあり、
対となるこの魔女禁書はシナリオ中心の物語にしようと決めていましたが、
さまざまな紆余曲折がありまして、2022年にようやく完成に至りました。

2019~2021年にかけて、
大好きな有名人が自ら命を落としてしまう悲しいニュースが何件かあって、
私は予定していたシナリオを、変更する事にしました。
「魔女塔のシュリィ」が明るめのエンディングで描かれているのもその影響です。
大幅に時間がかかってしまった理由の大半は、
書き換えの手間というよりかは、私のメンタルの問題なのですけどね。

ま、せっかくの公開日に暗い話はやめましょうか。

さてさて、この物語では、
過去シリーズで活躍したあのキャラクターが、
いよいよ再登場します。
今回こそ堂々と登場します。
「ラハと理の魔法生」「魔女盤のアルカ」のファンの皆様に、
どうか楽しんでいただけます様に。

絵が違うじゃないか、というのは抜きでお願いしますm(__)m

というわけで、いよいよシリーズ「完結編」です!!
何故「魔女Xシリーズ」の三作品がラハシリーズに含まれてはいけないのか。
そもそも魔女Xシリーズの世界とは、一体どういう世界だったのか。
シリーズ計五作品に巡らされた伏線すべてを回収した、
ラストを飾るにふさわしい作品に仕上げましたので、
ぜひ、プレイして確かめていただければ幸いです。

作業を終えた今となってはすべてのキャラクターを愛せるし、
(と言いつつラウラさんとルーサー君推し)
自分史上「今までで一番頑張ったシナリオ」だと思うのですが、
とにかく文章量がやたらめったら多い作品なので、
好みは分かれるかも知れません。

最後になりましたが、
kotonoha*作品を気に入ってくださっているプレイヤーさま、
この作品で初めて拙作をプレイしてくださるプレイヤーさま、
キャラクター絵を描いてくださった郁太さま、
BGM、背景、その他素材作者さま、
ならびに、この作品の協賛企業としてサポートしてくださったデータポットさま、
本当に本当に、ありがとうございました。

kotonoha* / 蒼木ことり