閉じる
フーバルト(ラハと魔法の園 -the graystory-)

フーバルト(ラハと魔法の園 -the graystory-)

ラハと魔法の園

ラハと魔法の園 -the graystory-」のメインキャラクター、フーバルト。
光のルクシエメール魔法学院の戦闘魔法講師で、本名はフーバルト=ビーフォース。実は「ラハと魔法の園」時点では20歳なので、カシェやスージーとは一歳差。シエスタやクラリスとも二つしか年が離れていないんですよね。
また、作中では学院最年少でA級魔法士の称号を取得した優秀な講師として描かれているものの、理のエクレール魔法学院のA級魔法生試験に一発で受かったとされているオリアネス(続編「ラハと理の魔法生」にて登場)という例があるため、魔法界全体で見れば一発合格はそれほど珍しいことでは無い様です。

「血も涙も無い性格」「鬼・悪魔・フーバルト」と魔法生達からは恐れられていますが、優秀な行いに対してしっかりと点数を与える甘さは持っているため、出来のいい魔法生達からは定評があります。
彼の作った試験の魔物にもやはり甘さがあり、必ず何かしらの弱点が用意されているので、「A級魔法生試験の担当はフーバルトにして欲しい」と願うB級魔法生も少なくありません。時間制限を設けるラクリス先生や、八体のドラゴンと戦いながら筆記試験を受けさせるバイエル先生よりも根はずっと優しいのです。

ラハと魔法の園

とまあ、いまさら優しさをアピールしたところで、第一章のラハに対するこの行いに関しては、完全に言い逃れの出来ない悪行、いや蛮行としか言い様がありません。まあ痛い目に遭わせたあとで折を見て助け出すつもりだった可能性も少しは…あったのかなぁ…。ルミナルトの洞窟の魔物はフーバルトが管理権限を持っているので、たぶん致命傷を負わせない様な設定になっていたのでしょう。うん。
それにしてもこのシーンのフーバルト、お芝居が下手くそですね。普段は魔法生を「貴様」呼びしかしないのに「君」呼びになっているし、語尾も変。この台詞の書き方はミスじゃなくてわざとですよ。ええ。

ルクシエ(ラハと魔法の園 -the graystory-)

ルクシエ(ラハと魔法の園 -the graystory-)

ラハと魔法の園

ラハと魔法の園 -the graystory-」のメインキャラクター、ルクシエ。
ルクシエメール魔法学院の現・院長で、本名はルクシエ=フランメール四世です。

S級魔法士の称号を持っており、闇の魔法士討伐戦においては「魔法界最強の治癒魔法士」として大いに貢献しましたが、その後の17年間活躍することは無く、次第に当時の名声は世間から忘れられ、また先祖代々受け継がれてきた魔法学院も彼の代で経営難に陥り始めたため、今では「S級とは名ばかり」のへっぽこ学院長として認識されています。

制作当初は「事件の容疑者最有力候補」として怪しく立ち回る様に作ったキャラクターだったのですが、続編を作ろうと決めたあたりで、「実はすごい人」として設定を上書きした記憶があります。まあ当初でも院長を怪しいって疑う声は少なかったですからね。
治癒魔法士にしたのはその時の後付けです。魔法の園最終章で彼が操る大いなる魔法が、続編の主人公の目指すべき所にうまく繋がるんじゃないかと思って。

なかなか真意の見えない性格をしていますが、彼の本音は「ラハと魔法の園」のハードモードクリア時の追加シナリオにて垣間見ることが出来ます。

ラハと魔法の園

新しいS級魔法士誕生にまつわる舞台裏のお話なので、「ラハと理の魔法生」クリアあるいは魔女Xシリーズ「魔女盤のアルカ」までをクリアした後に見ると、彼に対する見方が変わるかも知れませんね。

フリゲ2022投票開始

フリゲ2022投票開始

フリゲ2022 あなたが選ぶ今年のベストフリーゲーム」が今年も始まった様です。
いわゆる今年公開されたフリーゲーム作品の人気投票ですね。
kotonoha*製作品からは、

・ジャベリアの魔女禁書
・チョイスクライシス2022
・七人勇者とふしぎの塔

の3作品がエントリーしております。一人で複数作品への投票も可能な様なので(ただし一作品につき一人一票)、上記3作をプレイして気に入った方は、ぜひ投票いただけると嬉しいです。

フリゲ2022 あなたが選ぶ今年のベストフリーゲーム

2022年10月ランキング

2022年10月ランキング

10月の月間作品別サイトへのアクセスランキングです。

1位 ラハと魔法の園 -the graystory-
2位 ジャベリアの魔女禁書
3位 ラハと百年魔法石 -the endstory-
4位 ラハと理の魔法生 -the 2ndstory-
5位 魔女塔のシュリィ
6位 魔女盤のアルカ
7位 RiSE -囚われ少女の魔法譚-
8位 七人勇者とふしぎの塔
9位 チョイスクライシス2022
10位 紅く追憶の水葬

アクセス&DLしてくださった皆様、本当にありがとうございます。

1位は9月と同じ。ジャベリアが2位に浮上、以下は細かく変動している様です。
最近の動きとしましては中国の某配信サイトでジャベリアが実況されたとか、DLsiteの方に全投稿作品のレビューを熱心に投稿してくださっている方がいるとか、色々聞いており、感謝です。

ラハ園とジャベリア、あとCC2022については思う所あってちょっとしたアップデートを予定しているのですが、半年以上ツクールを開いていないので勘を取り戻さないと新たなバグを生みそうですね。気をつけなきゃ…。

ご都合展開のこと

ご都合展開のこと

物語って大抵、主人公に対して都合のいいイベントが起きたり、悪いイベントが起きたりするものですが、明らかに作者によって強引に誘導されていると感じさせるものについては「ご都合主義」なんて評価されることが多いですよね。
私の作品の9割がそんな感じで出来ている訳で、でも仮に「ご都合だー」みたいなことを言われたとしても「あはは」で笑って済ませることにしていますが、たったひとつだけ私自身も笑って済ませることが出来ない様なご都合主義展開を作ってしまったことがあって、いまさらながら心残りを思い出したので綴ろうと思いました。

それがノベルゲーム「紅く追憶の水葬」のアレ。

未プレイの方は当然なんのこっちゃという感じでしょうが、既プレイの方は「あー」と察せると思います。終盤のアレです、アレ。もし私もプレイヤーの立場だったらあのシーンで「これは無いわ」と確実にバッサリでしょう。具体的な名前と確率については作中では説明していませんが、多分100万分の1程度じゃ効かない超絶低確率と思うので。。

攻略サイトのQ9に「その0%に近い確率がどうやったら1%になるのか」みたいな形で解説を追加。ただそれで一応の説明はつくものの、今度はあるキャラクターに性格的な矛盾が発生してしまう。ということで本編にはどうしても加筆出来なかったのです。
「まあいっか、きっとこのままでも許してもらえる」などという甘い考えを持ったまま公開。これがいけなかった。賛否両論の感想を多数いただき、そこばかり突っ込まれるなんの。ぜんぜん許してもらえなかった(汗)。推理ゲーム好きの方々を本当に甘く見ていました。申し訳無い…。
もちろん「kotonoha*作品ってこういうものでしょ!」と納得してくださったプレイヤーさん(主にRPGの方をプレイされていた方々が多いかな?)もいるとは思うのですけど、私の中ではもう推理モノには手を出すまいと猛省した、ほろ苦い経験でした。

ミステリを書くのって本当に難しいですね。