閉じる
2022年10月ランキング

2022年10月ランキング

10月の月間作品別サイトへのアクセスランキングです。

1位 ラハと魔法の園 -the graystory-
2位 ジャベリアの魔女禁書
3位 ラハと百年魔法石 -the endstory-
4位 ラハと理の魔法生 -the 2ndstory-
5位 魔女塔のシュリィ
6位 魔女盤のアルカ
7位 RiSE -囚われ少女の魔法譚-
8位 七人勇者とふしぎの塔
9位 チョイスクライシス2022
10位 紅く追憶の水葬

アクセス&DLしてくださった皆様、本当にありがとうございます。

1位は9月と同じ。ジャベリアが2位に浮上、以下は細かく変動している様です。
最近の動きとしましては中国の某配信サイトでジャベリアが実況されたとか、DLsiteの方に全投稿作品のレビューを熱心に投稿してくださっている方がいるとか、色々聞いており、感謝です。

ラハ園とジャベリア、あとCC2022については思う所あってちょっとしたアップデートを予定しているのですが、半年以上ツクールを開いていないので勘を取り戻さないと新たなバグを生みそうですね。気をつけなきゃ…。

ご都合展開のこと

ご都合展開のこと

物語って大抵、主人公に対して都合のいいイベントが起きたり、悪いイベントが起きたりするものですが、明らかに作者によって強引に誘導されていると感じさせるものについては「ご都合主義」なんて評価されることが多いですよね。
私の作品の9割がそんな感じで出来ている訳で、でも仮に「ご都合だー」みたいなことを言われたとしても「あはは」で笑って済ませることにしていますが、たったひとつだけ私自身も笑って済ませることが出来ない様なご都合主義展開を作ってしまったことがあって、いまさらながら心残りを思い出したので綴ろうと思いました。

それがノベルゲーム「紅く追憶の水葬」のアレ。

未プレイの方は当然なんのこっちゃという感じでしょうが、既プレイの方は「あー」と察せると思います。終盤のアレです、アレ。もし私もプレイヤーの立場だったらあのシーンで「これは無いわ」と確実にバッサリでしょう。具体的な名前と確率については作中では説明していませんが、多分100万分の1程度じゃ効かない超絶低確率と思うので。。

攻略サイトのQ9に「その0%に近い確率がどうやったら1%になるのか」みたいな形で解説を追加。ただそれで一応の説明はつくものの、今度はあるキャラクターに性格的な矛盾が発生してしまう。ということで本編にはどうしても加筆出来なかったのです。
「まあいっか、きっとこのままでも許してもらえる」などという甘い考えを持ったまま公開。これがいけなかった。賛否両論の感想を多数いただき、そこばかり突っ込まれるなんの。ぜんぜん許してもらえなかった(汗)。推理ゲーム好きの方々を本当に甘く見ていました。申し訳無い…。
もちろん「kotonoha*作品ってこういうものでしょ!」と納得してくださったプレイヤーさん(主にRPGの方をプレイされていた方々が多いかな?)もいるとは思うのですけど、私の中ではもう推理モノには手を出すまいと猛省した、ほろ苦い経験でした。

ミステリを書くのって本当に難しいですね。

キャラクター紹介&次回作のこと

キャラクター紹介&次回作のこと

「ラハと魔法の園」のキャラクター紹介、予約投稿分が尽きてしまったため、少し間が空きます。
リアルで相当バタバタしているもので、予約投稿という形をとって毎朝9時に更新していたのですが、それらが尽きる前にバタバタが終わらず。来週末あたり再開出来るといいなという感じです。とは言え、目立った魔法生の紹介はすべて終わったと思いますので、次は講師陣からですね。

最近Twitterで好きなフリーゲームのひとつにラハシリーズを挙げてくださる方がいて、嬉しい限りです。
「finalリリース」と銘打って既に作品は完結しているものの、finalから3年以上経過した2022年現在においては当時技術やコストの不足で導入出来なかった点などを修正したうえで、バージョン4.0としてアップする、、ことがあるかも知れません。たとえばフルボイスとか。スチルとか。広すぎるマップの改善とか。完全に自己満足の領域ですが。

現行のfinalに不具合等ある場合はTwitterでリプもしくはDMいただけると助かります。

ラスボス作りのこと

ラスボス作りのこと

どこで誰に言われたのかまでは忘れたんですけど、私の初期の公開作品について「いつもラスボスがラスボスっぽくない」と感想をいただいた事がありまして。強さ的な意味じゃ無くて、性格的、存在感的な意味で。

その例に挙げられていた「ラハと魔法の園」については、実は最初は「ラスボス無しのRPG」になる予定でした。つまり最終章でラハの正体と法長の事件の真相を解決!終わり!RPGはRPGでも『ミステリノベルRPG』を謳っているのだから、真実さえ分かれば晴れてエンディングでも別にいいんじゃないかと。

ところが、魔法の園の制作終盤に差し掛かった時、Twitterで「ラスボス無しのRPGになりそう」とツイートしたところ「いや〜あった方がいいんじゃない」とフォロワーさんの一人からリプをいただいて、マジかと思って急遽付け足したので、存在感が薄いというより、物凄く「ぽっと出感」があるボスになっちゃったんですよね。
そういう事情があったので、ラスボスっぽくないという感想を頂いた時はショックだったというより、見抜かれてるな、、という感じでした。
(その後にver2.0で大幅にシナリオ修正を行った際、一応ラスボスのキャラクターも少し存在感を強くなる様にしましたが)

実はそれ以降の作品も(確かラハ2はマシって言われた記憶)ラハ3はアレで、チョイスクライシスやRiSEについてもラスボスがアレなので、全体的に私ラスボスを作るのが上手く無いなぁ…っていうのは自分でも痛感します。

アルカとジャベリアは頑張ったと思うのですが…!いかがでしょうか!?>その時のプレイヤーさん